B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

米倉恒貴の劇的逆転ゴールがよくわからないけど何かスゴい!G大阪が全北現代に逆転勝利

米倉恒貴の劇的逆転ゴールがよくわからないけど何かスゴい!G大阪が全北現代に逆転勝利

9月15日、ガンバ大阪がACL準々決勝第2戦で全北現代に劇的な逆転勝利を収め、準決勝進出を決めました。

ガンバ大阪は終了間際まで2−2の同点。アウェーの第1戦が0−0の引き分けだったため、このまま2−2の引き分けならアウェーゴールの差でガンバ大阪の敗退となるところでしたが、終了間際の後半48分、米倉恒貴が逆転ゴールを決めました。

米倉恒貴のよくわからないけどスゴいゴールw

その動画がこちらです。

全北現代にとってはまさに天国から地獄。

勝利を確信していたはずの全北現代の選手は、終了間際のまさかのゴールでの敗退決定に泣きそうな顔になってしまっています。

5cff5d1b-87fd-4f9c-9d0b-c5a64d428b8a

wwww

まあ、泣きますよね。

それにしてもサイドバックの米倉恒貴が、なぜこの場所にいたのかw

そして米倉へのラストパスを出したのもDFの金正也。

珍しいDF同士のつなぎによるゴールです。

遠藤保仁の金正也へのパスもなかなか巧みでしたが、金正也はそのパスをピタリとトラップし、冷静にスルーパス。さらにパスを受けた米倉は右足裏でボールをコントロールしながらシュート。シュートは前に出てきた全北GKを絶妙なタイミングでふわりとかわしゴールへと吸い込まれていきます。

文章で書くとスーパーゴールだけど動画で見ると泥臭い米倉のゴール

こうして文章で書くとものすごいテクニカルなゴールのように思えるのですが、

改めて動画を確認してみると、米倉の挙動がどうにもドタバタしているというかw

まあ、形はどうであれ貴重な逆転ゴールには違いないです。

ちなみにこの試合、あまりに劇的すぎる逆転勝利に、長谷川健太監督が喜びすぎてピッチを走り回ってしまい退場になってしまっています。あまり褒められたことではないんでしょう、こんな日くらいいか、とさえ思わせてくれる劇的な逆転勝利でした。

Return Top