B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

徳島ゴール裏が試合後に大荒れ!DF内田裕斗の発言に怒り殺害予告するサポも

徳島ゴール裏が試合後に大荒れ!DF内田裕斗の発言に怒り殺害予告するサポも

4月12日の水戸ホーリーホックvs徳島ヴォルティスの試合後、徳島ゴール裏が大荒れとなった模様です。

試合は徳島が0-3で敗れ、7試合終了時点で1勝4敗2分。順位も22チーム中20位に沈みました。試合前は両チームとも1勝3敗2分と同じ勝ち点で、実力差もほとんどないと思われていましたが、0-3となす術なく敗れたチームにサポーターは怒り心頭でした。

ただでさえ荒れ気味の徳島ゴール裏に選手が挨拶に来た際、キャプテンの斉藤大介が拡声器でサポーターへ呼びかけますが、いつの間にやらサポーターと口論のような状態になってしまいます。

そして内田裕斗が斉藤を落ち着かせるべく、制止したところ、サポーターを侮辱する発言をしてしまい、ゴール裏のコアサポが激昂したようです。

荒れる徳島ゴール裏のサポーターが内田裕斗の発言に激怒した動画

徳島ゴール裏の事件の一部始終は動画にも収められています。

動画をじっくり見る時間のない人のために概要を書きます。

0:00~1:35 試合終了後、サポーターが不穏な空気。ゴール裏へ挨拶に来た選手に罵声を浴びせる

1:36~2:40 斉藤大介キャプテンが拡声器でコメント。「必死でやってます」みたいな教科書通りのテンプレコメント。

2:41~3:07 斉藤のコメントに対して「もっと本当の気持ちを聞かせてくれ」とサポーターが絡む。「勝ちたい気持ちはみんな一緒」と反論する斉藤にサポーターは「ピッチでその気持が見えない」とさらに追い打ちをかけ、口論のような雰囲気になる。

3:08~3:25 内田裕斗ら数人の選手が斉藤大介を落ち着かせるためそばへ近付き、「もういい」と声を掛けながら斉藤を引っ込ませる。

3:26~4:36 斉藤大介を引き下がらせる際、内田裕斗がサポーターの方を向き、何かを言った模様。内田が発言した瞬間、前列のサポーターが一気に激怒する。「待てよゴラァ、内田ァ、こっち来いや」と罵声。その後、関係者がサポに近づき謝罪しなだめる。

内田裕斗の発言をめぐり一部サポーターが暴走 内田は謝罪

一説によると内田は「あんなやつらほっとけ」と斉藤に対して言って、それを聞いたサポーターが激怒したということです(真偽は不明です)。

激怒した一部サポーターは試合後にTwitterで暴走し、「殺す」などの物騒な単語も飛び交っていたようです。

内田の発言はたしかに失礼なものでしたが、私は動画を見て、むしろサポーターの態度に疑問を持ちました。

最初からケンカ腰で、選手にも「こっち来いよ」「こっち向け」など、上から目線で敬意のかけらもない声の掛け方。チンピラまがいの態度で、選手に同情してしまいました。

サポーターの要求が「気持ちを見せろ」など、主観的なものであるところもポイントです。主観的なものであれば、チームが勝っても「気持ちが見えない」など、難癖をつけることができます。

クレーマー気質の人種が、サッカー観戦で日頃のうっぷんを晴らしているという構図です。

サポーターのクレームに怯えたのか、内田はTwitterで自分の行為を謝罪しています。クラブからの指導があったのかもしれません。自分たちのクレームが通って「謝らせた」形になって、サポーターはさぞ気分が良いことでしょう。

Return Top