B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

遠藤保仁と青木愛が密会した店を突き止めてしまったかもしれない

遠藤保仁と青木愛が密会した店を突き止めてしまったかもしれない

ガンバ大阪の遠藤保仁が元シンクロ選手の青木愛と個室で密会していたとの報道がありました。


週刊誌報道によると、遠藤はタレントの武井壮らのグループで食事を楽しみ、店を出てお開きになった後、青木愛と示し合わせたかのようにもう一度店に入り、5時間も出てこなかったようです。

詳細はこちら:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141225-00000009-pseven-ent

遠藤は日本代表の中心選手ですから、既婚者とはいえやはりモテモテなのでしょう。しかし、当ブログは密会の是非を議論ものではありません。

ただ、この記事を読んでいろいろと考察してしまったのは確かです。冒頭でリンクを張った記事の内容が正しいと仮定して、さまざまな推理と調査をしてみました。

遠藤保仁と青木愛の密会は12月9日で場所は西麻布

遠藤はガンバ大阪在住ですから関東に滞在する日は限られます。週刊誌発行の日程、取材やウラ取りの時間を考えると、12月9日に行われたJリーグアウォーズの日が怪しい

さらに、武井壮はそのJリーグアウォーズを横浜アリーナまで赴き取材しています。その模様は12月12日放送の「すぽると」で放送されており、実際、武井壮はMVP受賞直後の遠藤にインタビューもしています。

おそらくJリーグアウォーズ終了直後に武井壮らと打ち上げ的な食事会に流れたのではないでしょうか。遠藤の後輩、宇佐美も現場にいたのかもしれません。東京に土地勘のない遠藤を武井壮が幹事として案内する図式が容易に想像できます。

そして場所は西麻布の可能性が高いとにらんでいます。なぜ西麻布かというと、芸能人の密会といえば西麻布という定説に加え、実は武井壮のホームグラウンドは西麻布なのです。かつては西麻布交差点付近の坂道をダッシュした後にバーで牛乳を飲む、といったこともしていたようです。

西麻布に記事に書かれた特徴と一致するもつ鍋店を発見!

記事では重要なヒントが散りばめられています。「有名もつ鍋店」という単語です。

もつ鍋店を銘打つ店は東京広しといえどもさほど多くはない。「西麻布 もつ鍋 VIPルーム」でGoogle先生に相談いたしましたところ、さっそくそれっぽい店を見つけてしまいました。

それがこちら「西麻布イマドキ」です。
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13026280/ (食べログ)

記事には「黒い革張りのソファがコの字形に並び、ゆったりと落ち着いた雰囲気の中で、店自慢の料理を味わう」と、遠藤らが使用したと思われるVIPルームの特徴を記しています。

「食べログ」の内装写真を見ると……特徴と一致する個室が存在するようです。こんな優雅な部屋で美女と二人きり……。「お察しください」という感じですね。
b8da7c01-8ada-4235-8220-b9e7f1fdac63
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13026280/dtlphotolst/3/smp2/

「女性セブン」に掲載された画像と店舗正面画像もどことなく雰囲気が似ている気がします。
4fed523f
4f4fdc28-5803-4eda-b9a0-11f0809d1cb0
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13026280/dtlphotolst/4/smp2/

西麻布2丁目は業界人の巣窟

こうして推理をしてみたものの、確信はなかったので、知り合いの自称業界関係者に西麻布事情を訊いてみました。

その人物によると、西麻布は交差点を境に1~4丁目に分かれるそうです。なかでも1丁目と3丁目は人通りも多く、六本木駅にも近いためか、芸能人はほぼ立ち寄らず、「パンピーしかいない」のだとか。

業界人が集まるのは2丁目と4丁目の裏通り、中でも2丁目は会員制の店が多く、芸能人率が高いそうです。

「西麻布イマドキ」は西麻布2丁目の六本木通り沿いにありますが、この付近は芸能人、業界人、起業家らのたまり場となっているようです。ちなみに、4軒隣のビルは関東連合が海老蔵を殴ったビル、さらにその裏は朝青龍が関東連合元リーダーを暴行したとされる場所とのこと。まあ、そういう土地柄なんですね。

といった背景から、西麻布をホームグラウンドとする武井壮は、この付近に何軒も行きつけの店があるんじゃないでしょうか。そんな店に、なかなか会えないであろう遠藤を招いたとしてもなんら不思議ではありません。

密会騒動の陰の主役は武井壮という推理

「女性セブン」の記事では、遠藤と青木愛が武井壮らと一度別れた後、再び店内に入っていったと書いてあります。つまり遠藤が居合わせた面々の視線を忍んで不道徳な密会を企図したように読めます。

しかし、私にはどうもそうは思えないのです。遠藤は東京に土地勘がなさそうだし、手際が良すぎる。私の推理はこうです。

Jリーグアウォーズの取材後、武井壮が遠藤に声をかける。「この後、西麻布あたりでどうですか?」と。MVPを獲った遠藤を慰労すべく武井壮が幹事となって打ち上げを企画したわけです。武井壮はデキる男なので、遠藤好みの長身美女を呼ぶことも忘れません。もちろん、「百獣の王」の嗅覚で「口説けば落ちる女」をチョイスして……。

そして打ち上げの途中、遠藤の耳元でこう耳打ちします。「12時になったら解散しますんで、一旦帰るフリしてまた戻って朝までこの部屋使って下さい。店には私の方から言っておきますんで」と。

男同士は秘密を共有することで、より親密になったりします。武井壮の側にもここで恩を売っておけば……くらいな打算があったのかもしれません。

ここまで場がセットされれば、遠藤としても据え膳食わぬはなんとやら……で、そのまま朝まで居てしまったとしても無理はない。

武井壮はテレビの世界であれだけ活躍している人ですから、これくらいのことはする可能性はあります。急な打ち上げのセッティング、幹事、女の調達くらいは朝メシ前。武井壮が広告代理店の営業マンだったらさぞ出世したでしょうね。

私の中で勝手にデキる男・武井壮の好感度が爆上げ状態ですが、ここに書いたことは私の勝手な妄想にすぎません。真に受けぬよう、そして遠藤が朝まで居た部屋を確認するために、店へ予約を入れるといった行為をすることないよう重ねてお願い申し上げます。

現場からは以上です。

Return Top