B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

遠藤保仁が小笠原満男に倒されながら腹に蹴り!吉田寿光主審は見逃す

遠藤保仁が小笠原満男に倒されながら腹に蹴り!吉田寿光主審は見逃す

048177e2-1b8e-461e-a982-a37d7356ef30
10月5日の鹿島アントラーズvsガンバ大阪戦で、小笠原満男に倒された遠藤保仁が、倒れこむ際に小笠原の腹にケリを入れていたとネットで話題になっています。

動画を見ると、小笠原が後ろから遠藤にチャージして、それにイラ立った遠藤が倒れこむ際にスパイクの裏で小笠原の腹を蹴りあげているように見えます。

小笠原の倒しから始まったプレーなので、道義的には「どっちもどっち」なのでしょうが、吉田寿光主審が遠藤に対してなんら警告も注意も与えていないのは不可解です。

TV解説の秋田豊は「吉田さん、見えてないですねえ」と、TV中継ではタブーとされる審判への苦言も呈しています。

秋田が言うように「見えていなかった」のかどうかはよくわかりませんが、TV中継でここまでハッキリ審判を批判するのは珍しいですね。

(追記:コメント欄で解説は木村和司ではなく秋田豊とのご指摘があったので修正しました)

Return Top