B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

【悲報】C大阪監督が名指し批判した選手の名前を川崎F公式サイトがうっかり漏らす

【悲報】C大阪監督が名指し批判した選手の名前を川崎F公式サイトがうっかり漏らす

cosaka_news_marco_pezzaiuoli_20140616
9月3日、ナビスコ杯のC大阪vs川崎F戦後、セレッソ大阪ペッツァイオリ監督が会見でミスを犯した選手を名指し批判しました。各新聞社やJ’s Goalなどの各媒体はペッツァイオリ監督が個人攻撃した選手名を自主規制したのか伏せていましたが、川崎フロンターレ公式サイトのマッチレポートには選手名がしっかり記載されていました。


試合は1-3でC大阪がJ1チーム相手に公式戦10戦勝ちなしという偉業を達成。

おそらくペッツァイオリ監督の怒りは頂点に達していたことでしょう。記者会見では、業界ではタブーとされる選手の個人名を挙げての批判を行いました。

しかし、各スポーツ紙、J’s Goalなどは自主規制なのか、セレッソ側からの要望・検閲なのか、具体的な個人名を伏せています。

J’s Goal

しかし、そこから、個人の2つのミスによって、不必要な失点を重ねてしまいました。

日刊スポーツ

指揮官は、8月30日のリーグ神戸戦に続き、ミスを犯した選手を名指しで批判。

共同通信

ペッツァイオリ監督は「不要な失点を重ねた」とミス絡みの3失点を嘆いた。

どういう意図で選手名を載せていないのかわかりませんが、日刊スポーツが「ミスを犯した選手を名指しで批判」って書いておきながら、個人名が書いてないのが特に気になります。

そこまで書いているのなら、選手名も書けよと思うのですが、きっと何らかの「大人の事情」的なものがあるのでしょう。

いったい名指しされた選手は誰なんだろう……日刊スポーツの記事が気になって眠れなくなった管理人に一筋の光を与えてくれたのは、なんと川崎フロンターレ公式サイトのマッチレポートでした。

川崎フロンターレ公式サイト マッチレポート

一つは小谷選手のトラップミス、一つは1対1の平野選手の奪い方のミス。その二つのミスによって失点を重ねてしまい、不必要な失点を重ねてしまいました。

そうそう!それだよ!私が見たかったのは!

それにしても何なんだろう、川崎フロンターレ公式サイトの充実ぶりは!
風間革命はWeb部門にまで及んでいたのか!?

風間監督のもと、挙国一致体勢で革命を推し進める川崎フロンターレの気概を見た思いがいたしました。

フロンターレWeb担当の革命精神に共鳴してうっかり富士通のパソコンを買ってしまいそうになります。

川崎フロンターレWeb担当の溢れ出る情熱に胸を打たれましたが、異動や退職などでWeb担が交代すると、後任の人が死にそうになるんじゃないかとか、余計な心配までしてしまいました。

Return Top