B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

岩政大樹がタイで相手チーム監督の和田昌裕に詰め寄りちょっとした騒動になった模様

岩政大樹がタイで相手チーム監督の和田昌裕に詰め寄りちょっとした騒動になった模様

10454255_10152274991843182_4351505342778448242_o
タイ・プレミアリーグのBECテロサーサナFCに所属する岩政大樹が、チョンブリFCとの試合後に、和田昌裕チョンブリFC監督に詰め寄ったことをブログで告白し、ネットで話題になっています。


岩政のブログを引用します。

見ていらっしゃらない方に簡単に説明しますと、昨日私たちは元神戸の和田さんが監督を務めるチョンブリと対戦し、0-1で負けました。リードをしたチョンブリの選手たちが、ボールをキープすることで時間を使うのではなく、足を痛そうに倒れて何度も時間稼ぎをしました。日本ではこのようなプレーにNOを言う空気がありますが、タイでは当たり前のように毎試合起こる現象です。

その選手に、私の思い違いだったかもしれませんが、和田さんが倒れているように指示しているように見えました。チョンブリはそのようなことをしないように取り組んでいると聞いていたので、試合後、和田さんのところに行き、少し問いただしました。

タイの人たちは言葉が分からないので、罵っているように見えたかもしれませんが、私は暴言を吐いてはいませんし、乱闘になんてなるはずがありません。負けたときにそのようなことをすることほど、かっこ悪いことはないことは私も知っています。

http://ameblo.jp/daiki-iwamasa/entry-11894107365.html

他にも岩政はブログで色々と書いていますが要点をまとめると
・チョンブリFCの時間稼ぎプレーにブチ切れ
・チョンブリの和田監督が時間稼ぎを指示しているように見えたのでさらにブチ切れ
・試合後にそのことを問いただした
・暴言は吐いてないし試合後に握手した
ということのようです。

ただ、「暴言は吐いてない」という部分がソース岩政なので、客観的にどうなのかなーと気になり、苦労してチンプンカンプンのタイ語で色々と検索してみたところ、少しだけ岩政が詰め寄ったシーンらしきものが映っている動画を発見しました。

本当にチラッとしか映っていませんが、岩政が誰かに割と強い口調で何かを言っているのが確認できます。見た感じ、険悪というほどでもないです。

ただ、タイ語ソースのネットニュースをGoogle翻訳にかけてみると、あわや乱闘、みたいなニュアンスだったので、タイメディアが話を盛っているか、あるいは見た人によって印象が異なるのか、真相はよくわかりません。

試合後に和田監督が岩政についてコメントしている動画も見つけました。

「タイのプレミアリーグにもっと成長してほしいという思いから」ということで、和田昌裕監督は今回の件を水に流しているようです。

チョンブリFCがリーグに制裁を要求するなんて話も出ていたようですが、和田監督が問題視していない以上、さほど大きな問題にはならなさそうです。

Return Top