B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

豪メディアがベガルタ仙台の内情を暴露!「渡辺晋新監督は選手と結託し解任されたアーノルド監督の失脚を企てていた」

豪メディアがベガルタ仙台の内情を暴露!「渡辺晋新監督は選手と結託し解任されたアーノルド監督の失脚を企てていた」

wpid-a341341a.jpg
オーストラリアのスポーツ系ニュースサイト「THE WORLD GAME」でベガルタ仙台の内情やグラハム・アーノルド解任の経緯が暴露され、クラブ幹部や渡辺晋新監督が批判されています。

ざっくり言うと
・強化部長の丹治氏は無能
・チーム構成が意味不明、文化違いすぎ、高齢選手多すぎ
・仙台はオワコンで手倉森氏はいい時に辞めた
・ベテラン選手が抵抗勢力化して変化を拒んだ
・スカウトいないので監督みずからがテレビでJ2の試合チェックして選手獲得しようとしてた
・渡辺晋新監督は選手と結託してアーノルド監督を失脚を企てていた

という感じです。

オーストラリアのメディアなので、かなりアーノルド前監督寄りの内容です。記事の信憑性は……どうなんでしょうか。ま、こういう話もあるということで話半分でお読みください。細部は意訳してますんでご了承ください。翻訳文中のカッコ内は管理人の補足説明です。


問題の記事
wpid-53455b5e2accd18271a81e78.png
http://theworldgame.sbs.com.au/scott-mcIntyre/blog/1186328/Arnie-was-on-a-hiding-to-nothing

選手獲得に失敗 クラブ幹部の無能ぶりを暴く

All of the club’s domestic transfer dealings during the off-season were undertaken by their ‘sporting director,’ a man who has been at the club for twenty years and who, until five years ago, was the kit man.

仙台のすべての国内移籍はクラブに20年在籍しているスポーツディレクターという肩書の男によって行われた。その男は5年前までホペイロだった。(おそらく丹治祥庸強化部長のことだと思われるがホペイロやってたんでしょうか?そこは未確認です)

This was the same man who told the coaching staff during the off-season that there were no good Japanese players available. Since then several who were available have shone at their new club.

その男はオフシーズン、コーチ陣に「移籍可能ないい日本人選手はいない」と告げた。そのとき移籍可能だった何人かは他のクラブで活躍している。(つまり丹治氏は選手見る目ゼロ)

The former coach of one of those players the club did buy told me privately that he couldn’t believe Sendai had picked him up.

また、仙台に加入した選手の前チームの監督であった男は記者に個人的に「彼を獲得するなんて信じられない」と言った。(どんだけ見る目ないんだよ、クズばっか獲得しやがって!てな感じでしょうか。「彼を獲得するなんて信じられない」と言われた選手はマイケル・マグリンチィか!? でなければ清水から移籍の八反田康平、記者に言ったのは英語が通じるゴトピ監督の可能性大。他の移籍選手は鈴木規郎(大宮)、武井択也(G大阪))

不動の正GKを放出とかふざけんな 高齢選手多すぎ 若い選手少なすぎ ポジション構成も中盤15人もいるとか意味不明

This was also the same ‘kit-man/sporting director’ who sanctioned the transfer of the side’s former long-serving goalkeeper, the highly-regarded Takuto Hayashi, and then failed in a series of bungles to bring in a replacement keeper.

仙台のGK林卓人の移籍を許可したのも元ホペイロの男で、新たなキーパーの獲得には失敗した。

That left Arnold with two keepers with just a single J.League appearance between them until, after repeated pleas, the club allowed Danny Vukovic to be signed on loan – after the season had begun.

仙台に残ったキーパーはJリーグ出場1試合しかなく、アーノルド監督が何度も頼み込み、シーズンが始まってやっとクラブはダニー・ブコビッチをレンタルで獲得した。(ダニー・ブコビッチはアーノルド監督が指揮をとったオーストラリア北京五輪代表だった)

All of which meant that the side was, by far, the oldest in the division with a remarkable 17 players over the age of 30 – many of them on big money.

仙台は30歳以上の選手がリーグがJリーグ最多17人もいて、彼らには高額の年俸が支払われていた。

By contrast the group contained just three players under the age of 25.

一方で25歳以下の選手はたった3人しかいなかった。

There was also a ridiculous imbalance in the positional makeup of the squad with just one front-line striker, half a dozen defenders and almost 15 midfielders.

戦力バランスも不均衡でストライカーが1人、ディフェンダーは6人しかいないのに中盤は15人もいた。(柳沢はやはりストライカーとしてカウントされていない模様w)

左サイドバックとして獲得した選手が「左サイドバックやったことないッス」、国内スカウトいないという有り様でしびれを切らしたアーノルド監督がみずからスカパーでJ2をチェックする羽目に

When Arnold asked one of the players the ‘sporting director’ had signed as a left-back what he felt the strengths in his game were he replied that he wasn’t and had never played as a left fullback.

左サイドバックとして獲得した選手に「お前の強みは何だ?」と訊いたら「左サイドバックやったことないッス」と答えた。(鈴木規郎のことか?w)

It’s my understanding that a proposal was put to the club to ‘move-on’ four of the veterans that were taking up almost $3 million of the club’s budget and bring in a half dozen or so of the best young players in the country.

記者によると4人のベテランに3億円の年俸が支払われていたので、彼らを移籍させ、そのお金で6人の若手選手を獲得しろと監督は提案したという。

The idea was rejected outright and Arnold was constantly told he’d have to wait until June to make any moves, not that it would have helped because Vegalta doesn’t employ a domestic scout.

提案は拒絶され、アーノルド監督は移籍は6月まで待たなければならないと言っていたが、それが助けになるわけではない、なぜならベガルタには国内スカウトがいない。(マジかよw)

Arnold had resorted to having satellite TV installed at his apartment and was poring over matches from the second division trying to unearth potential recruits by himself.

アーノルド監督はついに自室に衛星放送を用意し、才能ある若手選手を発掘すべくJ2の試合をチェックし始めた。(誰か助けてやれよって感じですね)

手倉森誠は沈みゆく泥船から絶好のタイミングで去り、ベテラン選手は新監督に抵抗した

For the past six years the side was controlled by Makoto Teguramori, the current Olympic boss who jumped ship at the right time with the aging squad at the end of its cycle and in need of regeneration.

過去6年間は現五輪代表監督の手倉森誠によってコントロールされていたが、手倉森は選手が高齢化し若返りが必要な絶好のタイミングで船から飛び去った。

This was Arnold’s brief but it was always going to be a daunting task; privately several other J.League managers had told him he had the toughest job in Japanese football and that to just keep the club from relegation would be a tough ask.

世代交代はは気力のいる仕事だ。何人かのJリーグ監督はアーノルド監督に、(仙台の監督は)日本サッカー界でもっとも大変な仕事で降格を免れるのは困難だろうと告げた。(誰だ?w)

It was a job made much harder by the resistance to change from several of the older players; many of whom had been plotting against him from the inside.

何人かの高齢選手の変化への抵抗が仕事をさらに困難にした。(ベテランで抵抗勢力になりそうなのは角田、上本、梁勇基、中原あたりか!?)

文化の違いに戸惑う監督 前任の手倉森監督時代とは違うサッカーを90分間続けられない選手

The problems with trying to manage a group containing many set in their ways also caused confusion, right the way back to the pre-season when Arnold was confronted with this story:

多くのやり方が混在するグループのマネージメントも混乱を引き起こした。話はプレシーズンマッチに遡る。

At a training camp in the south of Japan he realised that one of his squad players whose wife was due to give birth had left for a few days and upon his return asked him about the delivery.

日本の南部でのトレーニングキャンプである選手が妻の出産のためチームを何日か離れ、彼が戻った時に出産について訊いた。

To which the player replied he hadn’t thought to go, rather he was getting treatment on an injury.

彼は出産に立ち会おうとは思わなかったと答えた。彼はそれどころか負傷の治療をしていたそうだ。

For a man such as Arnold it was an unfathomable challenge; other times when he tried to ask about a player’s family life or any issues away from football he was met by a nervous silence.

アーノルドのような男にとって、それ(考えがあまりに違う人間たちをマネージメントすること)はとてつもない挑戦だった。あるとき、その選手にサッカー以外の家族生活について訊いてみたところ、イライラしたように無視されたという。(ベガルタの選手はコミュ障なのか?あるいはきちんと通訳されなかったのか)

During the build-up to one of the league matches he spoke with a player he was about to recall to the starting team who refused to look him in the eye. When told of his selection simply shrugged, ‘why?’

また、リーグ戦前のトレーニングで、監督の目を見て話さないとある選手を、先発に戻そうと考え、彼にそのことを告げると、彼は肩をすくめて「なぜ?」と言った。(先発に戻されたののに「なぜ?」はないよなー。ま、照れ隠しかもしれませんが)

Despite the challenges and the resistance of the older players the former Mariners coach had managed to transform much of the way the side played and for long periods in most matches the side was playing a short-passing style, with crisp movement in midfield – a total contrast to the long-ball approach preferred by Teguramori.

このような状況にも関わらず、アーノルド監督はマネージメントし、チームを変化させた。チームは殆どの試合で長い時間、中盤がテキパキ動くショートパススタイルでプレーした。ロングボール主体の手倉森時代とは好対照だ。

The side was pressing quickly and sharply to win back possession and in many matches it managed to dictate the tempo for large periods. In the end though the team, through a combination of factors, was rarely able to complete a 90-minute performance of sustained quality.

チームはポゼッションをするために早く、シャープなプレッシングを行い、多くの時間帯でなんとかテンポを刻んだ。しかし結局チームは、様々な要因によって、めったに90分間質を持続させられなかった。

新監督の渡辺晋はベテラン選手と結託してアーノルド監督失脚を企てた

It would have been easy for Arnold to have continued the way the side had been playing previously; lumping it forward looking for knockdowns or second balls for the Brazilian striker Wilson to feed on.

アーノルド監督にとっては、我慢しながらセカンドボールを拾いブラジル人ストライカーのウイルソンに繋げる前監督時代のサッカーを続けるほうが簡単だっただろう。

The results may have changed but the need for a deeper, cultural and generational shift would have remained.

そうすれば結果は変わっていたかもしれない。だとしても根深い文化的摩擦と世代交代の問題は未解決のままだが。

This is now the challenge for the man who has taken over; former player and assistant coach Susumu Watanabe.

これ(世代交代などの問題)は監督の仕事引き継いだ渡辺晋元ヘッドコーチに課せられた仕事である。

It’s a challenge he clearly wanted. Last year he hadn’t acquired the requisite coaching licences to assume control from Teguramori. Now he does.

彼は明らかにこの仕事を望んでいた。昨年、手倉森前監督から支配権を引き継ぐために必須のコーチングライセンスを持っていなかったが、いまは持っている。

It was clear from observing him at both training and in matches that he was doing as little as possible to assist Arnold and from what other sources at the club have told me he was, in concert with several senior players, actively conspiring to oust Arnold.

トレーニングや試合で渡辺晋コーチを観察した限り、彼はアーノルド監督を最小限しか援助しなかった。また、クラブ内の他の人物が記者に告げたところによると、渡辺晋は年長の選手たちと結託し、アーノルド監督失脚を企てていたという。(どうなんでしょうね、これは。一般論としては「あるある」な話ですが。ただ、それ以前にもともとクラブとさしたる縁もなかった外国人監督と渡辺監督にいきなり組んで仕事しろっていうクラブ側も少し無茶ぶりな気がします。外国人とベガルタ一筋の渡辺氏で噛み合うわけがない。)

解任の引き金となった浦和戦敗戦後のチームバスでふざける選手たち……ありえないでしょ このクラブはヤバい

The same group of senior players who were laughing and joking on the team bus on their way to last weekend’s loss at Urawa – much to the surprise of those who had played abroad – now have one of their own who has vowed to build ‘a new chapter in the club’s history.’

海外でプレーした経験のある人間には大変驚きだが、その年長の選手グループは、先週末の浦和での敗戦のあと、チームバスでの帰路中に笑い冗談をを飛ばしていたという。その中の一人は、いまでは「クラブ史の新たな1ページ」に際し誓いを立てたが。

He might want to start by asking the club to employ a scout and move aside the former kit man in charge of transfer dealings and then by having a look at the work of his predecessor: slowly implementing a fundamental change to a side ingrained in an ‘un-Japanese’ style of football.

アーノルド監督には、クラブにスカウトを雇わせ、元ホペイロの男を移籍業務から退かせて、そして前任者の仕事を観察してから、少しづつ非日本的なスタイルのサッカーへの根本的な変化を実行する……といった具合に仕事を始めさせてあげたかった。

Whatever the bare results tell you – and admittedly they make for average reading – it’s far, far from the complete story at a club in real need of a cultural overhaul.

結果が伝えるものがどのようなものであれ、-そしてそれは平均的な解釈しかもたらさないと認めざるをえない- クラブが文化的な総点検を深刻に必要としている現実とはかけ離れている。(和訳がまどろっこしくてスイマセン。思い切り意訳すると、「結果だけ見てもこのクラブのヤバさはわかんねーぞ」って意味だと思います。)

以上、ざっと翻訳してみました。細部の翻訳は自信がない箇所もあるので、間違っていたりしたらご指摘ください。

他にも、クラブのジムがリラクゼーションルームに改装されてしまい唖然としたとか、過去4年間フィジカルコーチがいなくてワケわかんない状態だったりとか、いろいろ書いてありましたが省略しました。全文が読みたい人は英語ですが、頑張って読んでみてください。

Return Top