B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

岡崎慎司2得点の試合で意識不明になったカメラマンの容態が心配過ぎる

岡崎慎司2得点の試合で意識不明になったカメラマンの容態が心配過ぎる

wpid-1201141-25094167-640-360.jpg

3月15日に行われたブンデスリーガ第25節、ホッフェンハイムvsマインツの一戦は2-4でマインツが勝利した。日本代表の岡崎慎司は2得点の活躍で勝利を決定づけた。前半25分にはホッフェンハイムDFのアンドレアス・ベックがピッチ横のカメラマンと激突し、意識不明状態となった。

13/14 ドイツ ブンデスリーガ 第25節

 ホッフェンハイム 2-4 マインツ
× ホッフェンハイム、セヤド・サリホヴィッチがPK失敗(前3分)
1-0 オイゲン・ゴプコ・ポランスキ(後4分)
2-0 ロベルト・フィルミーノ(後7分)
2-1 エリック・マキシム・チュポ・モティング(後22分)
2-2 ベネディクト・サラー(後28分)
2-3 岡崎慎司(後30分)
2-4 岡崎慎司(後45+2分) ← 今季11点目
◇ マインツの岡崎慎司はフル出場

岡崎1点目逆転弾

wpid-azViZwU.gif

wpid-HdJu4VY.gif

岡崎2点目ダメ押し弾

wpid-9Qwfqto.gif

前半25分、ピッチ横のカメラマンが選手と激突し意識不明に

wpid-W263K2W.gif

UnripeAlarmedAmericanbadger

wpid-41699010-ac82-11e3-9a28-b92a655fa66c_478875111.jpg

wpid-532527c42b46dd4f2380acdb.png

ホッフェンハイDFアンドレアス・ベックが競り合いの後、ピッチ横のTVカメラマンと激突しノックアウトされてしまう。近くにいたセヤド・サリホヴィッチがいち早く気づいて医療スタッフを呼び、カメラマン担架で運ばれました。

ドイツ紙「BILD」(http://www.bild.de/sport/fussball/andreas-beck/wann-wird-unterschrieben-35031336.bild.html)によるとカメラマン・ラムザウアー氏は脳震盪で意識を失い、近隣のジンスハイム病院へ運ばれ、入院中であるとのこと。早い回復を祈ります。

Return Top