B級サッカー情報局

日本代表・Jリーグおもしろまとめ

浦和レッズ人種差別サポーターはもともと「韓国嫌い」 クラブ内部もそのことを認識し李忠成に伝えていたことが発覚

浦和レッズ人種差別サポーターはもともと「韓国嫌い」 クラブ内部もそのことを認識し李忠成に伝えていたことが発覚

浦和レッズが人種差別横断幕を掲示した人物を特定 掲示人物は「差別的な意図はなかった」などと釈明

J1の浦和―鳥栖戦が行われた埼玉スタジアムで8日、「JAPANESE ONLY(日本人のみ入場可)」という人種差別ととれる垂れ幕が掲げられた問題で、浦和の淵田敬三社長は10日、都内のJリーグ事務局を訪れ、掲示した人物を特定して事情を聞いていることなどを報告した。

浦和によると、この人物は「差別的な意図はなかった」などと釈明しているという。Jリーグは14日をめどに、さらに調査を進めるよう求めた。。

via: 浦和戦垂れ幕、掲示人物は「差別的な意図ない」 : サッカー : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「差別的な意図はなかった」に対する疑問点

・差別的意図がないなら何を意図していたのか?
・なぜ「JAPANESE ONLY」という言葉を選んだのか
・百歩譲って掲示人物に差別的意図がなかったとしても、浦和レッズ運営は差別だとは思わなかったか?
・人種差別と受け止められる可能性がある横断幕を、浦和レッズ運営はなぜ剥がさなかったのか

そもそも浦和レッズサポーター集団が「韓国嫌い」で浦和レッズ内部もそのことを認識していた可能性が浮上

※相良純真氏は浦和レッズサポーター集団「URAW BOYS」の初代リーダー
URAWA BOYS – Wikipediaより

つまり「JAPANESE ONLY」の横断幕は韓国嫌いの浦和レッズサポーターが、李忠成に向けて発したメッセージである可能性が浮上する。

浦和レッズサポーター集団と浦和レッズ運営は、日本人相手には「差別的な意図はなかった」で押し通すつもりだったが、欧米人に写真を撮られはじめたので「ヤバい」と感じ撤去した。つまり、人種差別と受け止められる可能性があったことは浦和レッズ運営は認識していた。

騒動は政界にも拡大 参議院議員の有田芳生氏が国会で追及へ また海外メディア「アルジャジーラ」でもすでに報道

452c7205-d21b-4288-bd14-2ea6504715c0
「アルジャジーラ」webサイトより
http://www.aljazeera.com/sport/football/2014/03/urawa-removes-discriminatory-banner-20143974349569584.html

朝日新聞記者の忠鉢信一氏はスコットランドでの差別体験を告白

差別的意図はなくても「差別は差別」 本人がそれを意図したかどうかを問うことに意味は無いとコラムニスト・小田嶋隆氏

浦和レッズに厳罰を下さず、注意のみで終わった場合は「Jリーグは終わり」と発言(編注:小田嶋隆氏は熱狂的な浦和レッズファン)

横断幕を掲示したとされる「URAWA BOYS SNAKE」はホームページを削除 逃亡か!?

77325718-7c9c-4579-b567-80aa3c2edb38
http://www.ub-snake.com/
現在、アクセスすると「※指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。」

Return Top